ひとりの人と出会うように、ひとつのモノに出会う

mainimage

ひとりの人と出会うように、ひとつのモノに出会う

ニマイニタイの歩み

ホームページのリニューアルオープンを機に、ニマイニタイが辿ってきた歩みを振り返ってみたいと思います。代表の廣中が初めてインド・ビハール州を訪れてから10年。さまざまな人と出会い、試行錯誤しながらも現地の人々とともに歩んできました。これまで経験して考えてきたこと、そしてこれから挑戦していく道についてお伝えします。

はじまり


2006年、ニマイニタイ代表の廣中が大学卒業する年の夏に、マザーテレサの活動したコルカタを目指し、首都デリーからコルカタにむけてインドを旅しました。その旅中に訪れた村のひとつがビハール州ブッダガヤ、スジャータ村。その時にであった孤児院(ほとんどは父親を亡くし親族に預けられた子どもたち)で暮らす子どもたちとの出会いがきっかけとなり、大学卒業後も会社員として働きながら、毎年短期休暇を利用して、子どもたちに会いに、ブッダガヤを訪れるようになりました。

短期滞在を繰り返す中で、この地に暮らす人々とこれからも継続的に関われることはないかと考えはじめていたころ、村の女性たちの中で裁縫を習いたいという声があがり、小さな裁縫教室で布が買えずに新聞紙を布代わりにして新聞に針を通し、小さなミニチュア版の洋服づくりを練習しているのを目にしたことがありました。「この村で日本向けの製品を作り、雇用を作ること。そうすれば私自身も村に長く滞在できるし、唯一私にできることかもしれない。」そう思いたち、2009年、幼い頃からなじみのあったテキスタイルや、フェアトレードの会社での洋服・雑貨の販売経験を生かして、村の女性たちとストールや布小物の製品を作りはじめました。

短期的に制作を重ねる中で、すぐに課題にぶつかりました。短期の滞在では村の状況は分かったようで何も分からない、自分の費やせる時間にも限界が見え、やるならば独立してやる必要性があると感じました。その後、新聞の広告で見つけたISB公共未来塾というビジネスプランコンペティションに応募し、事業のプランをかため、起業資金を支援していただけることになりました。資金を元に、2012年合同会社nimai-nitaiとして法人登記し、事業として活動がはじまりました。


起業から3年まで


nimai-nitaiとして正式にスタートしたのは、2012年の9月でした。時を同じくして、スジャータ村周辺の村の女性を対象に、ソーイングセンターも設立されました。

ソーイングセンターは、日本からの寄付で建てられたセンターで、設立までニマイニタイも運営資金集めに協力し、インドの他の地域で運営されるNGOの視察などにいき、運営づくりのヒントを現地に伝えながら、一から組織づくりを試みました。

起業してから3年間は、一年のうちインドに6ヶ月、ブッダガヤの村には3~4ヶ月滞在して組織運営と、製品作りを行ってきました。

現地に滞在する期間が長い分、生産も現場に張り付いて行えるので、製品が完成されるまでの過程がとてもクリアにでき、「誰」がつくったものか個人単位でわかるような仕組みをつくり、生産の品質も確実に上がってきていました。

3年目の2014年冬からは、これまで友人・知人の助けを借りながらも廣中がほぼ一人で運営してきたニマイニタイでしたが、新たにヒンディー語が堪能な梶谷と、リシュケーシュ出身のKARVEENがスタッフとして加わり、現地でのコミュニケーションなどより円滑になり、デザイン面も直線縫いに限定していたものから、少しずつよりこだわりのある製品作りができるようになりました。

一方で、現地に長期滞在することで、ひとつの疑問が常にのしかかっていました、

「貧困とは何か」「支援とは何か」

女性たちひとりひとりの成長は見受けられるものの、組織としての成長が進まない。

現地ソーイングセンターのあり方や、ビジネスとしての取り組み方について考え直すようになりました。

ところが、目標が定まれば定まるほど、現地の事を知れば知るほどに、“資本を多く集めれば成功する”、という現地のスタッフと意見の相違が生まれるようになり、話し合いを重ねても平行線を辿り、この土地柄独特のもどかしい状況が続いていました。

この土地を長く研究されている方のアドバイスを受け、仏教の聖地という土地柄、ビジネスという概念を共有することが難しいということを痛感することになりました。

「もう一度、全て一から考え直そう。やり直さなければ。」
起業から4年目に入る2015年の冬、決断しました。

今、そしてこれから


2016年2月、これまで一緒に仕事をしてきた女性たちには、これまでの事情と体制基盤を整えたいという話をし、一度生産の活動拠点としていたスジャータ村のソーイングセンターから撤退することにしました。

そして、2016年ブッダガヤでの再チャレンジ。
まずは、拠点づくりから見直していくことから始めました。

男性リーダーが育たなかったという失敗から、女性たちが自分たちの意思で運営できるゆるやかな仕組み。
資金を集めることが私たち日本人の役割=“与える側”、村人たちは“受け取る側”、そんな関係に落ち入ってしまっていたこれまでのやりかたを根本から見直すこと。

村の人自身のやる気を引き出したい。
長い歴史の中で当たり前になってしまった「支援」という名の、自立心を欠いてしまう流れを変えたい。
自分の力で汗水たらした努力で、生活の基盤をつくれることを感じてほしい。

「君の考えていることは夢のまた夢。ここの土地柄では絶対に無理。」という言葉もはっきりいただいたこともありますが、最後のチャレンジをしてから確かめたい、そう思っています。

そんな覚悟で、2016年11月からまた一からスタートしはじめました。

2016年11月
nimai-nitai 代表 廣中桃子

ABOUTへ戻る

nimai-nitai LLC
59 Demachi, Omihachiman, Shiga, JAPAN

  • facebook
  • instagram
NAME ※
MAIL ※
MESSAGE