ひとりの人と出会うように、ひとつのモノに出会う

mainimage

ひとりの人と出会うように、ひとつのモノに出会う

美しい手仕事の服、インドから。

ニマイニタイは、インド各地で綿、麻、絹を手紡ぎ手織りした天然繊維の素材を使い、
染めには、インド藍、鉄、ターメリックなどの植物由来で染色した布地を用いて、
デリーのアトリエで専属のテイラーと洋服を一枚一枚裁断し、丁寧に仕立てています。
時間をかけて生み出されてきた唯一無二の手仕事の品を、現代にも通じるものに生み出すこと。

ひとつひとつ大切に作り、大切にお使いいただけるモノをお届けすることが私たちのブランドの根底にあります。

また、ニマイニタイ代表の廣中がブランドを立ち上げるきっかけとなったインド・ビハール州は
最貧困州のひとつであり、この地の村々での雇用づくりに取り組んでいきます。

ニマイニタイにとっての“フェアトレード”とは、それぞれその地に暮らす村人や職人ひとりひとりと向き合い、
働く環境や賃金においても双方が納得できていることを前提とした上でのモノづくりを極めていくことだと考えています。

このように取り組んでいくことが私たちのできるフェアトレードであると考えています。

cotton
linen
silk
wool
khadi
block print

ひとりの人と出会うように、
ひとつのモノに出会う。

私たちは、日々さまざまな人に出会います。
人にはその人の人生があるように、モノにもそれぞれの人生があるかもしれない。
ニマイニタイがつくる“モノ”とあなたとの出会いが、
ひとりの人と出会うように、
これからの人生を豊かにする“モノ”でありますように。

NIMAI-NITAI(ニマイニタイ)という名前

生きとし生けるものすべてにやさしく思いやりのある インドの神“nimai(ニマイ)”と、その兄“nitai(ニタイ)”
インドと日本がきょうだいのような関係でモノづくりをしていきたいそんな想いをこめて名づけました。
モノづくりを通して、つくる人とそれを使う人の想いをつなげ、 ひとりひとり、ひとつひとつが大切にされる思いやりのある社会づくりを目指していきます。

事務所 / 滋賀
2016年10月に京都から移転し、琵琶湖東岸に位置する滋賀県、近江八幡市に事務所を構えました。風情ある八幡掘り沿いの街並みには近代建築のウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築作品も遺り、近江商人発祥の地でもあります。
活動地 / Villages in Bihar, INDIA
ニマイニタイをはじめるきっかけとなった土地、インド東北部に位置するビハール州ブッダガヤ。最貧困州のひとつと言われています。ニマイニタイの活動する村の人々の大半は、自給用の作物を栽培し、残りを市場で販売しわずかな収入を得ている小作人や、日雇い労働者です。もしくは、小さな売店などを経営して暮らしています。
起業した2012年より、仏教では馴染みの深いスジャータ村と、アウトカースト*の人々が多く暮らすハティヤール村の女性を対象に、裁縫の指導・制作をしています。また、ビハール産の素材を積極的に取り入れる等、ビハール州の村々での雇用作りをブランドの指針としています。
*アウトカースト・・・カースト制度の外側にあるとされ、不可触民、ダリットとも言われています。
アトリエ 兼 インド事務所 / Delhi, INDIA
2016年より、インドの首都デリーにアトリエ兼事務所を設けています。混沌とした市街地から少し離れた南デリーの住宅街で、専属のテイラーとともに、こだわりを持ち丁寧なモノづくりができる環境を整え、サンプルや製品作りをしています。
素材の産地 / INDIA
木版手捺し染めのブロックプリント、手紡ぎ手織りのカディー、手刺繍(カンタワーク)など、インドには古くからの伝統的な手仕事が、今もなお継承されている村々があります。ニマイニタイが扱う素材は、インド各地で巡り会った美しい手仕事による素材です。植物染めのブロックプリントは、北西部のグジャラート州アジュラックプルとラージャスターン州のバグルー村から、手紡ぎ手織りのカディーは、西ベンガル州のムルシダーバードから、そしてビハール州バガルプールのシルクとリネンを用いています。その土地で代々受け継がれてきた職人たちによる手仕事の布を、大切に製品に仕立てていきます。

NEWS

NEWS

NEWS

2018年8月2日

夏季休業のお知らせ

NIMAI-NITAIでは誠に勝手ではございますが、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。

【休業期間】2018年8月11日(土曜日)~8月17日(金曜日)

尚、休業期間中のご注文やお問い合わせにつきましては、8月20日(月曜日)より順次対応させていただきますので何卒ご了承ください。

期間中は大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

2018年7月24日

滋賀県立大学にて特別講義「インド最貧困地の可能性を探る」を開催します

7月30日、滋賀県立大学 A4-205にて特別講義を開催します。

タイトル「インド最貧困地の可能性を探る」

これまでの服作りを通じて、
インドブッダガヤの貧困地域で取り組む雇用機会の創出とその実践についてお話しする予定です。

授業の一環ですが、一般の方のご入場も可能です。
ぜひ気軽に参加ください。

滋賀県立大学13:10-14:40 (3 限) @A4-205 
担当:川井操(環境建築デザイン学科/助教)
kawaimisao@gmail.com

【pdf】特別講義「インド最貧困地の可能性を探る」

2018年1月10日

展示会のお知らせ

下記の日程で展示会を行います。
是非おこしください。

2018/7/25(wed)-7/29(sun) 長野・松本 misumi
2018/8/3(fri)– 9/2(sun) 大阪 GULIGULI
2018/8/22(wed)-8/28(tue) 愛知 名古屋栄三越 8Fジャパネスクコート
2018/9/10(mon)-9/16(sun) 岐阜・郡上八幡 糸カフェ

詳細は決まり次第、Eventページでお知らせします。
*日程は変更になる場合がございます。ご了承ください。

Read More

EVENT

exhibition

EVENT

EVENT

2018/8/4(sat) – 9/2(sun) NIMAI-NITAI ☓uskabard 合同展 「はおりの風景」

NIMAI-NITAI ☓uskabard 合同展 「はおりの風景」

夏に合うインド綿カディを中心としたお洋服と、石や古代ビーズで製作した一点もののアクセサリーの展示販売

羽のようにかるく織られた心地のよい布を纏う 時を経てうまれた欠片の景色を重ねる

NIMAI-NITAI
ニマイニタイは、綿、麻、絹を手紡ぎ手織りした天然繊維の素材を使い、
染めには、インド藍、鉄、ターメリックなどの植物由来で染色した布地を用いて、
インド・デリー専属のテイラーと洋服を一枚一枚裁断し、丁寧に仕立てています。
夏に活躍するインド綿カディ を中心に、心地よいお洋服を揃えました。

uskabard
意図せずもうつくしい、自然の塊である石。
古代の人々の装身具として身につけられたガラスビーズ。
心踊る素材に出会う旅をし
ひとつひとつの場所を探し、纏うかたちにつくっています。

会期:2018/8/4(sat) – 9/2(sun)
火曜定休 夏季休業 8月13日〜16日
※uskabardは8月11日〜
場所:GULIGULI Gallery
〒563-0024
大阪府池田市鉢塚2-10-11
TEL: 072-734-7603
open 11:00-18:00 [Lo.17:30]
定休日:火曜日
阪急石橋駅で下車、東口改札より国道176号線沿い徒歩12分

Special Live
lilynaoto演奏会 「印度音巡り」

古典音楽のバジャン、
砂漠の「歌」と「楽器」たちと共に
インド各地を音で旅する音楽会

日時:8/18(sat) open 18:30 start 19:00
¥3,200

今後の予定

2018/7/25(wed)-7/29(sun) 長野・松本 misumi
2018/8/3(fri)– 9/2(sun) 大阪 GULIGULI
2018/8/22(wed)-8/28(tue) 愛知 名古屋栄三越 8Fジャパネスクコート
2018/9/10(mon)-9/16(sun) 岐阜・郡上八幡 糸カフェ

出店イベント一覧へ

PRODUCTS

PRODUCTS

PRODUCTS

2018 late summer - early autumn collection

nimai-nitai LLC
59 Demachi, Omihachiman, Shiga, JAPAN
tel/fax 0748-40-0063

  • facebook
  • instagram
NAME ※
MAIL ※
MESSAGE