代表 廣中より

インドの今 - ロックダウン・デリー編- 

デリー・ブッダガヤの仲間とのやり取りは続けています。
携帯電話はこういう時に本当に便利ですね。

デリーの縫製職人チームは、家族なのでみんなひとつ屋根の下。

食材を購入したり、最低限の生活には問題はないようです。

彼らは口座も持っているので、オンラインで送金もできる状態なので、ひとまず仕事が再開できる日を待つのみ。

一つ心配なのは、カリムさんがえらく太ってしまったこと。

「毎日寝るしかなくて、太りました。。」とのこと。

以前のようにミシンが踏めるのか!?という不安がよぎりますが、そんなことも一緒に笑える再会の日が来るまで、元気に暮らしてほしいです。

ロックダウン前のカリムさん・リナさん一家
カリムさん弟のチャンドゥさん

ロックダウン中のカリムさん一家
ロックダウン中のカリムさん弟

デリーのアトリエ兼自宅にいるカランは、4月22日から徐々にATMまでは外出ができているようです。

ATM自体に現金が入っておらず(ロックダウン中に限らずインドあるあるです)、結局この日は、送金できなかったそう。

ATMに行く同中で、路上で暮らす人々に、周辺の人が炊き出しをしたりしている姿をちらほら目にしたそうです。アトリエのあるsaket(サケット)の近くは、感染者が非常に多い地域もあり、外出禁止令の中でも、さらに「封じ込めゾーン(containment zone)」に指定された地域は、完全封鎖措置が実施され、家や敷地から外出することを禁止されています。その地域では、食材も政府から配給されるそうです。

まだしばらく先が見えない状態のデリーの現状です。

合同会社nimai-nitai
代表 廣中桃子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です